お中元の選び方、マナーについて解説します

お中元を贈る必要の有無を見極める

お中元というものは、数回で贈らなくなることや、お礼を1回限りにする可能性がある場合には、避けた方が無難な贈り物の形式です。この場合は贈る時期をずらすというのが賢明なやり方でしょう。こうゆう場合は、「御礼」、「暑中御見舞」、「残暑御見舞」などという形で贈ります。けっして何も贈る必要が無いというわけではありませんのでご安心ください。

お中元にもマナーがあります。これは毎年定期的に贈るほうが喜ばれますし、マナーというものものなのです。例えば、今年は大変お世話になった方、どちらかが去年はともかく、新しい世帯である場合には、お中元をこれからもずっと贈らなければならないかどうかをよく見極めましょう。慣例的に毎年、お中元を進呈しているケースで特に問題ないでしょう。

また自分だけ贈り物をしていると人間関係がおかしくなるケースもあります。その例としては「虚礼廃止」などといって、会社の職場でお中元やお歳暮をしていない例もあるでしょう。こうい場合は職場で決められたルールを守るほうが無難です。自分だけ抜け駆けして上司に贈り物をするというこはやめておきましょう。

また別の例として頼まれ仲人の場合は、贈る期間はよく3年間と言われています。ただし、大切に、末永くお付き合いをしたい場合は、もちろんずっと贈り続けてもかまいませんので、これはひとつの目安として考えておきましょう。

誰にお中元を贈るのかは個人の場合、よく悩むことですが、両親、特にいつもお世話になっている親戚、お世話になった仲人さんなどに贈ればよく、贈る相手を広げて考える必要はないでしょう。

このようにお中元を贈る側の心理的負担、経済的負担も少なくなると同時に、ちょっとした考え方ひとつで、お中元もとても喜ばれるものになるとのではないでしょうか。

また、毎年定期便で相手が喜びそうな品物を選んで贈ると、いつもあてにして心待ちにしてもらえるというものですので、特に親しい間柄であれば、欲しい品物を言うこともいいかもしれませんね。


タグ :

関連記事

  1. 節約お中元術~配送料の値下げ、早割りなどのお得情報
  2. ありがた迷惑な贈り物

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: お中元を贈る必要の有無を見極める

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.isegoo.biz/mtos/mt-tb.cgi/4


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0