お中元の選び方、マナーについて解説します

お中元マナー、今さら聞けない基礎知識?

当たり前のように根付いているお中元の習慣ですが、意外と知らないことが多いものです。基本的な知識をおさらいしてみましょう。

◆お中元の由来

神へのお供えものが、現在の慣習に変わったのがお中元の始まりと言われています。

中国古来の祭事として、神に供え物をして身の汚れを清める日である1月15日の「上元」7月15日の「中元」12月15日の「下元」の「三元」があり、その内の7月の「中元」が日本に伝わったのです。

それが日本古来の先祖にお供え物をする習わしと、仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ=7月15日)という行事とも重なり、祖先の霊をおまつりする供え物を親類や知人に贈る習慣ができてきました。

この習慣が、お世話になった人に品物を贈る今日の形へと変化していきます。
現在のような「お中元」の形に定着したのは、明治30年代頃です。

お中元 ギフト


◆お中元の時期
贈る時期は地方によって多少期間に差がありますので、注意が必要です。関東地方は早く、7月初旬から15日頃。関西以西は8月初旬から15日頃までに贈るようにしましょう。

もともと「お中元」は一年の上半期の区切りという意味もあります。
地域によって異なりますが、6月下旬から8月上旬までの間に、日ごろお世話になっている方々に贈りものをするということです。


◆のし紙の書き方
お中元は感謝の気持ちとともに「これからも変わらぬお付き合いをよろしく」という意味が含まれているので、毎年継続して贈るのが本来の姿です。その場合は「お中元」とすれば問題ありません。
しかし今年だけ特別にお世話になった方に贈る場合は、のし紙を「お礼」として贈る方が良いでしょう。


◆喪中のときの贈り方
お中元はお祝いではないので当方、先方のいずれかが喪中であっても、普段どおり贈っても差し支えはありません。

とはいえ、四十九日を過ぎていない場合や、まだ気落ちされているような場合は、少し時期をずらして「暑中見舞」または「無地のし」で贈るのが適切でしょう。


◆贈るタイミングが遅くなった時
「暑中御見舞」や「残暑御見舞」として贈れば良いでしょう。
関東地域では立秋をすぎると「残暑御見舞」とするのが一般的です。

目上の方への贈答は、「暑中御見舞」「残暑御見舞」ではなく、のし紙には「暑中御伺い」「残暑御伺い」として贈りましょう。

タグ :

関連記事

  1. お中元マナー、ここで差がつく心づかい
  2. お中元マナー 最近のお中元の傾向とは?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: お中元マナー、今さら聞けない基礎知識?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.isegoo.biz/mtos/mt-tb.cgi/19


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0