お中元の選び方、マナーについて解説します

お中元の時期が来ますね

お中元は差し上げる時期によって呼び名が変わってきます。

例えば7月の初めより15日まで(関西より西では8月初旬から15日)が「お中元」と呼び、それ以降になると東京周辺は「暑中お見舞い」と呼び、立秋をすぎると「残暑お見舞い」と呼ぶところが多いといいますね。

さて今年もそろそろお中元の準備を考えないといけない時期ですね。

毎年誰もが経験することですがお中元で悩むことは、

1.この人には何を贈ったら喜ばれるの?
2.いくら位のものを贈ればいいの?

ではないでしょうか?

それから、「お中元ってどれ位の金額が妥当なの?」そう思っている人のために別のトピックスの表を紹介してますので、そちらを参考にしてください。

お中元 ギフト

毎年当家よりお中元を贈る知りあい人の方が、もしこのサイトを読んだら、ちょっぴり不安ではありますが・・・。

誰しも「とりあえず無難な商品を」と思ってしまうのが常でしょう。
あとは商品をどこで購入し、いかに他の人よりも見栄えよく贈るかが最大の関心事となってしまうのは私だけではないでしょう。

皆さん結果は
「ビールにしておこうか。」あるいは
「果物にしようか」となってしまうのではないでしょうか。


実際皆さんはお中元を贈る時にどこで商品を購入しますか?
いつも贔屓にしているお店ですか?それともデパート??

私の場合はどこだと思いますか?

実は郵便局を利用しているのです。
「え、郵便局でお中元?」と意外に感じるかもしれませんんね。

5年位前、デパートよりお中元やお歳暮を贈っていた私は、地方に親戚のほとんどが住んでいたということもあって、送料が大きな負担となっていました。

送料に関して最近では、全国送料無料や地域限定送料無料も珍しくなくなりましたね。

お中元の時期になると郵便局の東京特選品センターが店頭に「お中元特選品」というのを出していますので、その冊子より選ぶようにしています。

全国無料でお中元を贈れる郵便局の「お中元特選品」は、品数がけっこう多のをご存知ですか?

確かにデパートで扱っているお中元商品よりも種類に限りはあるというものの、ちゃんとデパートの包み紙で包装してあるし、さらに全国送料無料!というなんともうれしいサービスではないですか?

それ以来お中元、お歳暮はデパートで扱っている商品や老舗の商品を郵便局で選んで、親戚に贈っています。

タグ :

関連記事

  1. 喜ばれるお中元ギフトのいろいろ (生活必需品編)
  2. 何をお中元に贈ろう?
  3. お中元の予算はいくらくらい?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: お中元の時期が来ますね

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.isegoo.biz/mtos/mt-tb.cgi/6


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0