お中元の選び方、マナーについて解説します

ありがた迷惑な贈り物

『ああ、やっぱりまた来たなぁ』 そのように思われてしまう ちょっと迷惑な贈り物あります。


毎年決まった時期に、しかもいつも同じ物を毎度のように送ってくる人がいます。お中元やお歳暮を欠かさず、一見義理堅いようですが、実は手紙も無ければ、メッセージのひとつも入っていません。ただ単に品物だけが機械的に送られてくるだけなのです。

仕方なくこちらからお礼状を書いたとしても、何の返事ももちろんありません。
もうこれ以上なんの気持ちもこもっていない、ただ形だけの贈り物をいただくいわれも無いので、今後は無用に願いますと 丁寧にお断りの手紙を出しても、またいつものようお中元とお歳暮の時期になったら、判で押したごとく同じ品物が送られてくるのです。

せっかくの贈り物なのに、これでは何のためのお中元やお歳暮なのか分かりません。
本来の目的は相手に感謝の気持ちを伝えるためのものですが、このように ただ形式的に物を送るだけでは、先方に感謝の気持ちが伝わるどころか、かえって嫌がられててしまいます。


ありがた迷惑な贈り物 と思われては逆効果ということになります。


タグ : ,

関連記事

  1. 節約お中元術~配送料の値下げ、早割りなどのお得情報
  2. お中元を贈る必要の有無を見極める

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ありがた迷惑な贈り物

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.isegoo.biz/mtos/mt-tb.cgi/5


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0